*

病院へ行ってみよう


medical_illust

うつ病の病院の選び方

うつ病の病院の選び方は一概にはいえません。ただ、医師との相性(信頼関係)が重要なのは間違いありません。そして通院のしやすさを病院を選ぶポイントにするのも大切です。うつ病治療には半年から1年といった長い期間に継続した通院が必要になりますが、うつ病になると外出自体が億劫で病院が遠いというだけでも通院を中断しまうことがあるからです。家や会社から近い・待ち時間が短い・受診の曜日が合っていることなどが通院のしやすさの目安で病院を選ぶポイントになります。このことから、比較的小規模のメンタルクリニックなど精神科を専門とする医院や診療所が良いといえます。精神科の医院や診療所の医師は、大学病院や総合病院などで経験を積んだ医師であることが多く、長期の治療に際しても主治医が変わらないですむというメリットがあります。 とはいえ、抑うつ状態が深刻だったり精神的に大きく安定を欠いている場合は、総合病院や専門病棟など入院施設の整った専門病院が良いといえます。ただ、長期のうつ病治療の場合は同じ医師が診察や治療をおこなうのが理想ですが、大学病院や総合病院では医師の異動が比較的頻繁なので、治療途中で担当医・主治医が変わってしまうことが考えられます。
精神科などは予約が必要なことが多いですから、事前に電話をしたりして確認してください。

うつ病の病院の選び方として、予約時の対応の良し悪しや第一印象も病院を選ぶポイントになります。入院の可能性がありそうな場合は必ず病棟を見学させてもらってください。

良い医者の選び方

病院選びの段階で良い医者かどうかはわかりません。うつ病の症状は心ですし、うつ病が改善するまでには時間がかかりますから、医師を信頼できるかどうかが 良い医者の選び方のポイントになります。良い医者の選び方としては、話をきちんと聞いて疑問に答えてくれる、検査結果・診断・治療方針・薬の作用副作用について納得いくような説明をする、定期的検査を行って症状に応じて治療法を検討する、などが目安になると考えられます。初診時には十分な診察時間をかけるのが良い医者といえますが、主治医が適切な治療を進める中で意図的に診察時間を短くする場合もありますし、症状が安定している場合は診察時間は短くなる傾向があるようです。診察時間に不満がある場合は主治医に正直に伝えることが大切です。そこから新たな治療の流れが生じることがあります。また、評判の良くない先生や病院の場合は、やはりそれなりの理由があることが多いようです。初診から超速攻で、薬をたくさん出し て、どうでもいい雑談ばっかりでやたらと優しくて、評判がかんばしくない医師は避けるのが良いようです。運悪く悪い医者にめぐり合ってしまった場合は病院を変えるのが良いようです。たとえ精神科医であっても最初から患者の全てを理解するのは不可能ですし、何回か行ってみないと分からないことも多いからです。

精神科初診時の注意

精神科を初めて受診するなら、幾つかの注意事項があります。病院によっては初診でも予約が必要なことがありますから、電話などで事前確認をしてください。 また、紹介状がある場合は忘れずに持参してください。初診の場合はすぐ診察してもらえる病院とかなり待たされる病院がありますから、時間潰しができる文庫本や雑誌などを持っていくとよいです。精神科で初診の場合、問診票といった様式で質問されることがありますし、簡単な心理検査があることもあります。医師にもよりますが、結構根掘り葉掘り訊かれます。慌てないためにもメモしていくのも良いです。一人が無理と感じるならば、家族や事情を知っている友人が付き 添うのが良いです。精神科の薬を既に服用している場合は、その薬を必ず持参して医師に見せてください。薬剤情報の紙でもよいです。2重投薬は非常に危険な状態に繋がることがあります。

精神科での問診

  • 現在の症状(どのような症状があるか)
  • いつ頃から症状があらわれたか
  • 症状が出始めての変化(悪くなってきてる・マシになってきてる・変わらない)
  • 仕事は学校などにどのくらい影響が出てるか
  • 症状が現われるきっかけと思われることがあるか
  • その症状に対して本人がどのように受け止めて対応し、その結果はどうだったか
  • 家族など周囲の人はどのように受け止めているか
  • 生まれ育った環境・学歴・職歴など
  • 現在他の病気がないか、過去に心身の大きな病気をしたことがあるか
  • 家族構成など
  • 薬剤アレルギーなど特異体質の有無
  • お酒を飲むか、飲む場合はどれくらいか
  • タバコを吸うか、吸う場合はどれくらいか

以上のような問診があります。


公開日:
最終更新日:2014/01/09

SPONSORED LINK
001
この3つで過呼吸は治る!過呼吸に襲われた時にやってみて。

うつ病、パニック障害、自律神経失調症… 全てにあてはまる訳で

自律神経 イラスト
超簡単!たった5つの自律神経調整法

こんにちは! 久しぶりの更新となります。 (他サイトの構築

mental_image画像
うつ病克服までの道のり

うつ病克服の方法 うつ病を克服する為には、心療内科や精神科、メン

→全ての記事へ

TOPへ