*

超簡単!たった5つの自律神経調整法

公開日: : 未分類


こんにちは!

久しぶりの更新となります。

(他サイトの構築等で手が回らず…w)

 

ずいぶんと寒くなってきました。

体調を崩しやすいので気を付けて下さい。

体調を崩すと少なからず精神、自律神経にも影響が出ます。

 

メンタルを壊しやすい季節ですから気をつけましょう。

私自身もうつ病になったのは、とても寒い季節でした。

厳密にいえば、秋口頃から徐々に調子が悪くなり、真冬にうつ病だと診断されました。

 

なので、そんな寒い季節に崩しやすいメンタルを、

少しでもサポートできる方法をご紹介できたらと思います。

 

だれでもできるし、ものすごく簡単です!

その5つの方法とは…

  • 日光浴
  • ダッシュ 又は ハードな運動
  • 大声で叫ぶ 又は 歌う
  • 熱いお風呂と冷たいシャワー
  • イメージしよう

以上…w

……簡単ですよね?

 

では、1つずつ簡単に説明していきます。

 

1、日光を浴びる

m_taiyou

 

まず、朝起きたらカーテンをあけて
しばらくの間、太陽の光を浴びましょう。

カーテンのレース越しでもよいですよ。
毎日やることで、カラダが正しいリズムに整えられます。
生活リズムと自律神経のバランスは兄弟姉妹みたいなものです。

生活リズムが整えば、自律神経も整っていきます。

そしたら、不安や緊張を感じる事があっても
副交感神経がきちんと働くようになり落ち着くことができます。

簡単な事なので毎日やってみて下さい。

 

2、ダッシュ 又は ハードな運動

502
大人になってからは、あまり運動する機会がなくなります。
かくいう私もそうでした。

学生時代を思い出してください…

50m走 200m走
バスケットボール
サッカー

等、激しい運動をたくさんしたと思います。
その度に心臓が激しくドキドキ、バクバクしたのではないでしょうか?

実は心臓をバクバクさせることで
交感神経が優位に働き、それを抑えるために副交感神経が働いてくれます。

心臓をドキドキ、バクバクさせることで

「緊張から弛緩」

が行われ自律神経が鍛えられます。

これも意識すれば一日一回は行うことができるはずです。

これだけで自律神経のバランスが調整されていきます。

 

それともう一つ!

ドキドキする事は、脳にも良い刺激になり更には体を若返らせる作用があります。

学生時代を思い出して、毎日継続して行ってみましょう!

 

3、大声で叫ぶ

歌う女性のイラスト

カラオケは好きですか?
最近、歌ってますか?

実は、大声で歌う事、叫ぶことは思っている以上に、大切な事であり効果的です。

その原理とは…

叫ぶことで、カラダは緊張します。
気分が高まり、心臓はドキドキしてきます。(交感神経が優位)

しかし、歌い終わった後は
とても気持ちが楽になります。
なぜなら、あなたのカラダが弛緩したからです。(副交感神経が優位)

2、のハードな運動でも書いたように

「緊張から弛緩」

まさにこれです。

意図的に「緊張と弛緩」を繰り返し自律神経を刺激、鍛えて整えます。

あ、

歌に抵抗がある人は、無理にカラオケでなくても良いですよw

とにかく大声で感情を吐き出してみましょう。
(その際は近所迷惑にならないように布団をかぶって下さいねww)

 

4、熱いお風呂と冷たいシャワー

01_08_”M“’•—˜C2.ai

これも簡単です。

しかも毎日行っている入浴という作業の中でできます。

 

どういう事かというと 人間の五感である内の一つ「触感」を刺激する作業ですw

要は外的な刺激から体を鍛える事が目的なのです。

 

まず、自分が熱いと思う温度のお風呂に入ります。

10分も湯船に浸かっていれば、だんだんと汗がしたたるようになってくると思います。

 

そこで一旦、湯船から上がります。

 

と、同時に冷たいシャワーを出して下さい。

 

その水を頭から浴びます。

 

体も震えるほど寒くなってきたならば、また湯船に浸かります。

 

これを2~3回繰り返します。

 

熱いお風呂と冷たいシャワーを繰り返すことにより、外的な刺激に強くなります。

更には心臓も強くなり、自律神経も鍛えられます。

 

それともう一つ…

血行が良くなるので代謝が上がり健康的になれます!

 

あ、

でも心臓の悪い方にはおすすめできません。

くれぐれもご注意下さい。

 

5、イメージしよう

トイレ イラスト

イメージしよう

…って何を?

 

トイレですw

 

厳密にはトイレの水を流した際の 水の流れをイメージします。

そう。あの渦巻きです。

 

もし、嫌な事があったとすれば、その嫌な事をトイレに流すように

イメージする事が大切です。

些細な事でも構いません。

 

生きていれば少なからず、嫌な事があります。

自分に非がなかったとしても、嫌な事はやってくるものです。

これは仕方のない事だと思います。

 

でも、一番よくないのが、その事をいつまでも考えて続けてしまう事です。

 

誰のためにもなりません。

 

だから、そういった嫌な事は毎日トイレに流して忘れてしまいましょうw

要は忘れる為のトレーニングの一環だと思って下さい。

気持ちの切り替えというのは、精神衛生上、とても大切な事です。

 

このイメージする作業はできるだけ寝る前に行いましょう。

決して翌日には持ち越さない!

これが大切です。

 

 最後に

こうして 1 ~ 5 までを紹介しましたが、

一日の流れでできています。

(2,3の順番は逆でもよいですが…w)

 

自律神経を鍛え、整えるにはとにかく「緊張~弛緩」の繰り返しが大切です。

そんなに難しい事ではないので、毎日継続して行ってみて下さい。


関連記事

うつ病男性

うつ病の治療に最低限必要な事

基本的なうつ病治療法 うつ病を治療していくにあたって、「これだけは最低限やってみよう」とい

記事を読む

うつ病との接し方

もしも、周りにうつ病の人がいたら? うつ状態の方は元気がなく、今まで楽しんでいた事も楽しみを感

記事を読む

mental_woman_image

うつ病で記憶力、集中力が低下

注意力、集中力の低下   うつ病になると、脳の神経伝達がスムーズに行われな

記事を読む

女性と太陽画像

季節限定!冬季うつ病

季節性うつ病 うつ病のなかにも、ある一定のシーズンにだけ症状が現れるものがあります。これは「季

記事を読む

引っ越しイラスト

引っ越しと鬱

  春が過ぎ、夏がやってきました。 4月に新社会人になられた方、転勤等

記事を読む

この3つで過呼吸は治る!過呼吸に襲われた時にやってみて。

うつ病、パニック障害、自律神経失調症… 全てにあてはまる訳ではありませんが、代表的な症状の

記事を読む

うつ病女性

うつ病になりやすい人の9つの特徴

うつ病になりやすい人は性格に共通するところが見られます。 真面目で責任感が強い

記事を読む

別れ画像

失恋がうつ病の原因になる!?

失恋が原因でうつ状態   誰でも一度や二度は失恋の経験がありますよね? 失恋

記事を読む

SPONSORED LINK
この3つで過呼吸は治る!過呼吸に襲われた時にやってみて。

うつ病、パニック障害、自律神経失調症… 全てにあてはまる訳で

自律神経 イラスト
超簡単!たった5つの自律神経調整法

こんにちは! 久しぶりの更新となります。 (他サイトの構築

mental_image画像
うつ病克服までの道のり

うつ病克服の方法 うつ病を克服する為には、心療内科や精神科、メン

→全ての記事へ

TOPへ