*

うつ病で休職する事について

公開日: : 最終更新日:2014/02/18 休職 , ,


image_doctor

休職する事について

休職というのは、会社に在籍したまま一定期間自宅で休養できる制度です。会社を辞めるわけではないので、一定期間に治れば復職することも可能です。

完全に会社を退職するとなるとなると、治療期間中の生活面や金銭面で大きな負担を抱えてしまいますが、休職は会社に在籍した状態なので治療に専念する事ができます。また、治療が終わり元気になれば元の会社に戻る事ができる為、精神的な負担も軽いと思います。

体調が優れないまま、仕事を続けても症状が良くなる事はありませんので、思い切って休職してしまいましょう。

休職の申請

申請の形式は会社によって様々かと思いますので、先ずは職場の上司に相談してください。「うつ病と診断されたため、休職を申請したい」という旨を明確に伝えましょう。

会社が産業医と契約をしている場合、改めて産業医の診察が必要な場合もありますので、その場合は指示通り受診しましょう。

一般的には医師の診断書が必要になりますので、休職の際は医師に診断書を用意してもらいましょう。

傷病手当金を受け取れる

会社を休職している間は給与は支給されませんが、傷病手当金を受給する事ができます。

医師から診断書を書いてもらい、一定の会社内の手続きを経て休職した場合、給料の6割程度の「傷病手当金」を受け取る事ができます。

傷病手当金は最長で1年6ヶ月受け取る事ができますが、会社を1年6ヶ月休職できるかは会社によって様々です。私の知っている限りでは、なんだかんだで理由をつけられ、概ね2〜3ヶ月で退職を迫られるケースが多いです。その辺りは会社と相談するようにしましょう。

退職しても傷病手当金は1年6ヶ月分受け取る事は可能です。

うつ病で通院中は医療費が多くかかる事も多く、その上に生活費も必要となります。給与の満額支給ではありませんが、一定の金額を受け取れるだけでも精神的にゆとりができますので、傷病手当金の申請を行いましょう。


関連記事

待機期間

傷病手当金が支給される条件

傷病手当金とは 病気やケガで会社を休んだときは、通常支給されている給与の代わりに傷病手当金が受けら

記事を読む

SPONSORED LINK
001
この3つで過呼吸は治る!過呼吸に襲われた時にやってみて。

うつ病、パニック障害、自律神経失調症… 全てにあてはまる訳で

自律神経 イラスト
超簡単!たった5つの自律神経調整法

こんにちは! 久しぶりの更新となります。 (他サイトの構築

mental_image画像
うつ病克服までの道のり

うつ病克服の方法 うつ病を克服する為には、心療内科や精神科、メン

→全ての記事へ

TOPへ